teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/257 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

5月3日の歩きは予想以上の混みようでした。

 投稿者:かさちゃん  投稿日:2019年 5月 3日(金)23時41分25秒
  通報 返信・引用
  大型連休の谷間の日、前回逸した歩きを取り戻したいと、家内を誘って何時ものコースを辿り頂上まで行って来ました。連休の前半とは一転、好天に恵まれたことから、相当な混みようは予想していましたが、とんでもない私の初体験となる混雑ぶりでした。しかし、我が家から今日は2時間弱かかったとはいえ、心地よい森の空気を吸いながら、新緑を満喫出来たことは、改めて高尾山歩きの魅力を感じたところです。以下、混雑ぶりの状況とその中にあって良かった点を記します。
 ①登りはリフトが有利とみてそちらに並んだのですが、石段の途中のやや平地に列がとぐろを巻いており、乗り場に着くまで30分はかかってしまったこと。このため、帰りはケーブルが有利(7分間隔で運転)と見直し、現場に行くと整理券が配られており、我々は第6グループ。第3,4、5と3グループ待って30分後に漸く乗車、それでもリフトの方は50分はかかっているとの係員の説明に一安堵。
 ②混雑振りが際立っていたのは、御本社から奥の院へ登る数拾段の石段。石段は鉄棒の支柱を挟んで各2列で人が上り下りするわけだが、びっしり詰まっており、さながらドローンで見れば高速道路上の車の渋滞に擬せられたこと。
 ③しかし、外人が少なからず居たにも拘わらず、列を乱す者はほとんどなく、皆楽しそうに歩いており好感が持てたこと。
 ④境内の休息所は、「健康登山の証」に記入してもらう人が意外に少なく、ここでゆっくり過ごせたこと。
 ⑤最後に2台のケーブルカーは連休中に限り、あおば号→平成号に、もみじ号→令和号に改名されており、我々は帰りに偶々令和号に乗り合わせたこと。  以上
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/257 《前のページ | 次のページ》
/257