teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


大澤壽人の交響曲第1番

 投稿者:足立栄人  投稿日:2018年 2月23日(金)08時01分49秒
  九鬼蛍様、始めまして。数年前に貴サイトを知り、それ以来サイトのそこかしこを読み漁り、様々見聞を広めさせて頂いております。
サイトを知る前から日本人作曲家の曲には興味があり、そしてサイトを知ったのちも、さらに興味が冷めることなく湧き続け、今では大学の授業そっちのけで日本人作曲家CDの蒐集、Youtubeでの邦人作品の視聴を行っている始末です。九鬼蛍様の動画も、いくつも視聴させて頂きました。

馴れ馴れしい前置きを長々と申し訳ございません。
さて、本題なのですが、九鬼蛍様は、昨年のサントリー芸術財団サマーフェスティバル2017にて、音楽評論家の片山杜秀氏が選曲、プロデュースに携わった、「片山杜秀がひらく 日本再発見」という銘の4回の、日本人作品のみの演奏会が開催されたのはご存知でしょうか。下記URLに詳細がございます。(既にご存知でしたら、ご無礼をお許しください。)
https://www.suntory.co.jp/sfa/music/summer/2017/producer.html
その一連の演奏会の第1回、"戦前日本のモダニズム"と題されたコンサートは、大澤壽人の個展でした。そのプログラムは、人気を博した「神風協奏曲」に加えて、ボストン留学時代に書かれた「コントラバス協奏曲」と「交響曲第1番」の、83年を経た初演、というものでありました。
邦人ファンには垂涎ものの演目でしたが、かくいう私はどうしても予定がかち合わず、全4回の演奏会の最後、"戦中日本のリアリズム"と題され、伊福部昭の協奏風交響曲、諸井三郎の交響曲第3番他が演奏されたコンサートにしか行くことが出来ませんでした。無念です。(ただ、第4回は全4回の中で一番行きたいものだったため、大変楽しめました。)

しかし、その後、NHKFM「現代の音楽」にて、その一連のコンサートの一部が放送されまして、さらに幸運なことに、大澤壽人のコントラバス協奏曲と交響曲第1番が丸々放送されたのです!私は第4回目の演奏会で手に入れたサマーフェスティバルのプログラムを読みながら、その2曲を聴き、非常に感激し、満足いたしました。

と、ここまでならただのオタク的な自体験熱弁、自分語りに過ぎないのですが、なんと、それらの音源をYoutubeにアップされている方がいらっしゃったのです。以下URLがそれです。

大澤壽人:コントラバス協奏曲
https://www.youtube.com/watch?v=UI_VjRJtp8c&t=1241s

大澤壽人:交響曲第1番
https://www.youtube.com/watch?v=TV300I8Sc04&t=15s

九鬼蛍様が演奏会にも足をお運びになり、さらにFMでの放送もお聴きになられたのであれば、今まで既にご存知であることをたらたらと書き綴ってしまったことを大変申し訳なく思うのですが、もし、九鬼蛍様が、大澤壽人の交響曲第1番の演奏をその2回しか聴かず、そしてそれによってかたより交響曲道の記事にするのをあきらめていらっしゃるのであれば、是非この動画をお勧め致します。この動画は、御親切にも説明欄にプログラムの解説からの抜粋が掲載されているので、記事にする際のご参考にもなるのではないか、と思います。(実際に私がもらったプログラムと比べても、内容に相違はありませんでした。)

失礼ながら勝手に色々述べてしまい、申し訳ありません。かたより交響曲道の大澤壽人の項の、「小交響曲」「第1番」「第2番」「第3番」とコンプリートされた姿を拝見、拝読したいという私の身勝手な願いですので、聞き流していただいても構いません。

礼儀を知らない拙い文章で申し訳ありませんでした。これからも勝手ながら応援しております。
 
 

(無題)

 投稿者:九鬼蛍  投稿日:2018年 2月11日(日)14時13分44秒
  tcity様、はじめまして、投稿ありがとうございます。
エルガーのオルガンソナタ、オーケストラ版。もちろん初めて知りましたw
かなり古典的な内容ですね。エルガーの交響曲の革新性が無い分、むしろ温厚な印象です。ぜひ、エルガーの項に追加させてください。
 

エルガー オルガンソナタの管弦楽版について

 投稿者:tcity  投稿日:2018年 2月10日(土)21時13分20秒
  九鬼様

はじめまして、いつも楽しく拝見しています。
趣味でオルガン独奏曲を蒐集している者です。

掲題の件につきまして、エルガーのオルガンソナタがゴードン・ジェイコブによってオーケストラに編曲され、一部で「交響曲第0番」と呼ばれていることをご存知でしょうか。

25分ほどあり、オルガン曲としてはなかなかの大曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=VnVH6GFNcc0

内容はエルガーの(本物の)交響曲と比較しても古典的かつ単純なもので、比較して語れるようなものではありませんが、第3楽章の旋律の美しさなどはなかなか魅力的だと思います。

ご存じない曲であれば幸いに存じます。
 

(無題)

 投稿者:九鬼蛍  投稿日:2017年10月 1日(日)12時47分15秒
  こちらこそ有難う御座居ます。ステーンハンマルも準備の準備中といったところです。ラウタヴァーラは亡くなった時にチェックしましたが、曲数も多くてとりあえず保留中です。ずいぶん前に、他の方にご紹介頂いたW.シューマンもぜんぜん聴けてなくて、時間をかけて進めてゆきたいと思ってます。  

レビューありがとうございます

 投稿者:GOLD  投稿日:2017年 9月30日(土)21時16分1秒
  九鬼様。

アレンスキー及びモーランのレビューありがとうございます。
九鬼様の見解非常に面白かったです。
続いて紹介したいと思った交響曲あったのですが、
アメリカの欄に無かったので候補に無いと思ったのですが、
コルンゴルトはチェコ→アメリカで、候補にありましたね。
なので、もう1曲。

ラウタヴァーラ:交響曲第7番「光の天使」
https://www.youtube.com/watch?v=sS42kojU8VU
去年惜しくも亡くなったフィンランドの作曲家で、
難しい音楽多いのですが、7番は神秘的な感じで大好きです。
お暇な時に聴いて頂けますと幸いに存じます。
 

(無題)

 投稿者:ume  投稿日:2017年 8月27日(日)23時26分51秒
  聴いてくださり、ありがとうございます!
ふむぅ、なるほどです。お答えくださりありがとうございました。
たしか、ヴァイオリン協奏曲第2番の終盤の穏やかな旋律も裸足の歌からの引用でしたね。
そういう引用の観点からみてもペッテションの音楽は本当に興味深いなと思いました。

・・・本当に、このままペッテションがメジャーになることは無いような気も・・・。
どうすればメジャーになるんだろう・・。今の時代こそペッテションのような音楽を求めているはずなのに。
 

(無題)

 投稿者:九鬼蛍  投稿日:2017年 8月27日(日)21時33分45秒
  こんばんは!はいはい、なるほど、確かにこれは聴き覚えがありますね!しかし私もマーラーや伊福部ほどは聴き込んでないので、ちょっと分かんないです、すみません……。ペッテションのドキュメントは、前にチラッと見たことはありますが、全部は見ませんでした。ペッテションは、せめて7番くらいはもうちょっとメジャーになると思ってましたが、ぜんぜんその気配はありませんねえ。  

お久しぶりです

 投稿者:ume  投稿日:2017年 8月27日(日)20時02分26秒
  ペッテションの交響曲第13番について、また一つ発見?がありました。
交響曲第6番では自作の「裸足の歌」の終曲を印象的に引用しているペッテションですが、
13番でももしかしたら自作から引用?しているかもしれない個所を見つけました。

https://soundcloud.com/user-186316315-128501774/13-2
その個所の音楽を通常通り演奏した次に、引用されたと思われる歌を強調して演奏させました。

よければお聴きください。そして何の曲かもしわかったら教えていただきたい・・!
自分だけでは、まだまだ全然ペッテション音楽を聴けておらず、わかりませんでした。



それと余談ですが、ニコニコ動画にペッテションのドキュメンタリー?がアップされていました。
たぶんどこかのサイトから転載された物なんでしょうが、貴重な映像が見られましたね。




 

(無題)

 投稿者:九鬼蛍  投稿日:2017年 8月17日(木)23時59分43秒
  GOLD様、投稿有難うございます! ステンハンマルは、実はちょっと気になってましたw しかし北欧はきりがないので、手を引いてました。モーランは知らない人です。アレンスキーも、ピアノ三重奏以外は知りませんでした。いま時間がなかなかとれませんで、いつになるか確約できませんがチェックしたいと思います。とりあえず、岸田、菅野、池辺(10番)を先に更新しますので、そのあとになります。すみません。  

1.5軍の交響曲

 投稿者:GOLD  投稿日:2017年 8月17日(木)21時23分15秒
  九鬼様。始めまして。
九鬼様のレビューを閲覧し、知らなかった交響曲を収集している者です。
※特に日本人作曲家

九鬼様のレビューにて、ピックアップされていない作曲家を書き込みしたいと思います。

ステンハンマル:交響曲第2番
https://www.youtube.com/watch?v=ezzbi7iq550
スウェーデンの作曲家で、独自の旋律が好みです。

モーラン:交響曲
https://www.youtube.com/watch?v=S5ila2gw4PU
イギリスの作曲家です。

アレンスキー:交響曲第1番
https://www.youtube.com/watch?v=dxJBCCh95D8
ピアノ三重奏曲第1番で有名なロシアの作曲家です。

印象に残るけど、何か一つ足りなくてメジャーにならない印象の曲です。
ご存じない曲ございましたら、聴いて頂けますと幸いに存じます。
個人的に、ステンハンマルはお気に入りです。
 

レンタル掲示板
/27