投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


コメントに感謝です。

 投稿者:おりべ  投稿日:2015年 7月23日(木)21時37分14秒
編集済
  ビオラさん、ありがとうございます。
なかなか身近な友人や親でさえも理解が難しい問題に、より近い立場で解っていただけることの有り難さを痛感しています。
一人で抱えることは苦しいですが、一番近くで一緒に寄り添ってあげられるのは私しかいないですものね。長い道のりだとは思いますが、自分を責めすぎずもう少し力を抜いておおらかに支えてあげられるようにと思います。

私はまだ先日このHPを知ったばかりなのですが、みなさんは家族会の会員なのでしょうか?
今後勉強会とかに参加するとしたら、会員になった方がよいのでしょうか?
ちなみに私は名古屋周辺に住んでおります。
教えていただけたら幸いです。
 

おりべさん

 投稿者:ビオラ  投稿日:2015年 7月23日(木)10時25分45秒
編集済
  はじめまして。お嬢さんへの対応、お疲れ様です。お嬢さんの症状を読ませていただいていると、
摂食障害の王道を歩いているような気がします。言ってみれば摂食障害の子供たちには普通の
ことです。なんか突き放したような言葉のような気もしますが、それだけお嬢さんと同じことを
している子供たちがたくさんいるということです。

離婚をされていることがこの病気の原因になったわけでもなく、両親揃っていても、我が家のように
大家族であっても同じ病気になるのですから、そのことを決して引け目に感じないでくださいね。
ただお嬢さんのさびしかった気持ちや辛かった気持ちは受け止めてあげることが大切だと思います。
おりべさんに対する苛立ちや暴言も心の底からそう思っているわけではなく、今はそうすることで
自分自身に折り合いをつけているところです。今まで言いたいことも言えずに我慢してきたお嬢さんが、
自分の気持ちを言えるようになったことは回復の過程ですよ。それでも直接それを受け止める
おりべさんはとっても辛いですよね。そんな時はこの掲示板で発散してください。

リストカットに関しては、自分自身で傷つけるのはやめてほしいということを根気強く伝え続けて
ほしいと思います。まずはおりべさん自身が元気になっていただけると嬉しいです。たまごさんの
お嬢さんとも同年代のようですね。家族会で一緒に学んでいきましょう。
 

(無題)

 投稿者:タカ  投稿日:2015年 7月21日(火)16時57分39秒
  ポコ・ア・ポコの家族会やWRAP等々、遅れてきても、途中で帰っても自由ですので、みなさん気楽にご参加ください  

ありがとうございます

 投稿者:たまご  投稿日:2015年 7月21日(火)16時34分26秒
  良く見たら書いてありました。
お手数おかけしました。
途中退席は無しですよね。
飛行機の時間とお金の都合が…。
 

(無題)

 投稿者:タカ  投稿日:2015年 7月21日(火)10時52分43秒
  13:30~16:30 瑞穂区社会福祉協議会

詳細はポコ・ア・ポコのHPに掲載しています
 

WRAP

 投稿者:たまご  投稿日:2015年 7月21日(火)09時50分15秒
  8月30日名古屋のWRAPの時間帯は何時から何時までになりますか?
 

過食嘔吐の娘

 投稿者:おりべ  投稿日:2015年 7月20日(月)21時07分3秒
  娘が摂食障害になり1年。過食になり半年が過ぎました。
心療内科、カウンセリング、精神科となかなか回復の手ごたえを感じることが出来ず、今ではカッターで腕や太腿を切りつけてコントロールが効かず変わりきってしまった自分自身への自己嫌悪を体で表現するしかない15歳、高校一年の娘の母です。

私が3年前に離婚をしていて、幼い頃から家庭の温かさを味合わせあげられず、本人もなかなか友人作りも苦労するような神経質で感受性の強い性格もあり、中学3年の学校でのストレスからと摂食障害となりました。

今はなんとか学校には行けていて部活も頑張ってはいるのですが、とにかく家では、食べたい、そして食べて吐きたいことしか頭にないといいます。
絵がとにかく好きで、勉強も頑張っていたのですが、普通科で人間関係が上手くできるか心配と芸術系の高校に進みました。
が、やはり本人の性格が災い、あまりにぎやかな世界に入りたいにもかかわらず入れる性格でもないので、結局小、中学と同様にあまり馴染めないまま1学期が過ぎました。

母である私も何冊か摂食障害の本を読み、ネットでも多くの体験者の話を聞かせて頂き家族としてどうあるべきかも勉強してきたつもりです。
しかし、頭では理解してるつもりでも、狂ったように食べ物を食べ、吐くという行為に私自身が動揺して開き直れない現実があります。
そして初期にはお母さんしか頼る人はいないと言ってくれていたのに、今ではわたしを憎み苛立ちの対象として接してくる娘に、私はもう何をどうしたらよいのかと途方に暮れる毎日です。

娘の気もちを一番に考え、精神的な病で苦しむ娘を少しでも楽にしてあげたいのですが、私には何をしたら正解なのかがわかりません。
長くなりました。
同じ悩みを抱えておられる方に聞いていただき少し助けていただきたい気持ちで投稿させていただきました。

よろしくお願いいたします。
 
 

WRAPの体験

 投稿者:タカ  投稿日:2015年 7月20日(月)20時41分7秒
  子どものことを心配するのは親だから当たり前なので、心配はOKです。
しかし、親の心配から子どもの行動をコントロールしようとすることは別です。
親は、子どもへの心配から、自分の心配をちょっと変えてみてください。自分はどういうことが喜びなのか、楽しいのか、楽なのか、自分が見えてきます、自分がわかってきます。自分のことを受け入れる、自分の感情を受け入れる体験ができます。それを照らし合わせた時に子ともの気持ちが見えてきます。
ラップの体験をしてみませんか

つむぎ 8月12日(水)
名古屋 8月30日(日)
 

ちょっと落ち着きました

 投稿者:たまご  投稿日:2015年 7月20日(月)15時05分42秒
  ビオラさん。
取り乱しまくっている私へ適切なお返事ありがとうございます。
娘は無事にオーストラリアに出発しました。
到着後なかなか連絡がなく、私の方が不安でした。
しかし、ここは娘の自立のチャンスと私から連絡せずじっと我慢…。
到着後24時間以上たって、ようやく連絡ありました。

「焦らないで見守る」って難しいです。
カウンセラーにも「それは娘さんの問題であってお母さんの問題ではないですよね」
って毎回言われています…。とほほ。

これまで自分では過保護とも過干渉とも思っていなかったのですが、ばっちり過干渉でした。
娘と自分を切り離して考えられなくて。
娘は私から親離れしようと頑張っているんですね。
私が子離れできていないことを体で教えてくれている。
私が私の不安に勝てるように、娘と私を分けて考えられるように。
今まで娘は私のために頑張ってくれてたから、今度は私が頑張る番ですね。
ひとりで頑張れないと思うのでよろしくお願いします。
 

たまごさん

 投稿者:ビオラ  投稿日:2015年 7月19日(日)23時13分43秒
編集済
  お嬢さんは海外研修に出かけられたのでしょうか?この病気の子供たちは何か一つ行動を起こすにしても
直前まで気持ちが揺れ動き、せっかく決めてもドタキャンなんてことはよくあることです。たまごさんの
辛いお気持ちもよくわかります。でも研修旅行に行くのはお嬢さんなのですから、準備が万端でなくて
困ったことが起きても、それを乗り越えるときに力がついてお嬢さんの自信にもなりますよ。かりに行け
なくても二度とチャンスがないわけではないので、その時のお嬢さんの気持ちの揺れに付き合ってあげる
といいのかなと思います。

こんなはずじゃなかったとか、何でこんなことになったんだろうとか考えてしまいますよね。でも原因
探しをしても答えは見つからないし、回復にもつながらないと思います。かわいいわが子がつらい思いを
してるのですから、多かれ少なかれ体調を崩してしまう親御さんもたくさんいらっしゃいます。
幸いたまごさんはつむぎの家族会に参加されるようですから、主催者のタカさんはじめ先輩の皆さんに
たくさんお話を聞いていただいて、少しでも元気になって帰ってくださいね。焦りは禁物です。
ポコの家族会につながったことで回復に向けて歩き始めていますよ。遠いところどうぞお気をつけて
いらしてください。
 

/81