投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:ひらこ  投稿日:2017年11月 3日(金)10時51分7秒
  私達はみな自分を責める時期を過ごしてきました。でも、自分を責めても何も変わりません。
これからをどうしていくか、それを考えましょう。

いつでもいいです。どこでもいいです。ポコアポコの家族会はどこでも温かく迎えるはずです。
 

(無題)

 投稿者:みんみん  投稿日:2017年11月 3日(金)10時18分19秒
  摂食障害て検索すると 母親のせい 育て方や家族の問題など でてきますよね。
もし、周りで 摂食障害をお持ちの方がいらしたら、「そんな事はないよ」
と言えることが 小さい時からの事を思い出して、何が悪かったんだろうと考えてしまいました。

皆さんのお話を聞いて まず私自身がこの病気の正しい知識を持って ぶれずに 接していきたいです。
ありがとうございます。

私の住んでいる地域には 親の会がないようで、遠方ですが ぜひ参加させていただきたいと思っています。
 

(無題)

 投稿者:タカ  投稿日:2017年11月 2日(木)20時32分17秒
編集済
  家族会に初めて参加し時、みなさん、同じようです

医療者が当事者を説得して治療に参加させ、回復に向けてくれると思って病院の門をくぐり、取りあえず親は安心します。しかし薬を出されて飲んでも変わらないし、時間だけが過ぎて、もっと悪くなっているように思えて不安になります。

摂食障害は医療者に協力しない、治療に参加しない唯一の病気です。
重篤で危機的状態でない限り医療者からの強いアプローチは難しい病気です。
医療者はまず患者との信頼関係をゆっくりと築いていきやっと身体的な治療に進みます。

親は医療者と繋がりひとまず安心している一方、当事者の不安はさらに大きくなります。
治ったらどうなるんだろう・・お母さんは・・学校は・・私は何をしたらいの・・人との関係は・・
頭の中で想像の不安が広がり、食行動がさらに大きく激しくなります。

当事者は、自分の中で決めたルールを厳しくして、頑張ることを自ら課し、日常生活の困難を増大させて苦しみます。日常生活を狭くして自分の安心、安全な居場所を作ろうとしますが、自分の思う居場所にはならず、不安と恐怖にまとわりつかれます。

親は「食事のことは当事者に言わないで」と言われ、本には「母親の責任」みたいな書き方をされ、
「全てを受け入れて、共感して」とあるから一生懸命にやっているのに、変化が見えません。
親は不安と心配でどうしていいかわからず四面楚歌となり混乱して苦しみます。

医療者と親の立場は違うため、アドバイスを求めても親が知りたい情報を得る事ができません。
病状は医療者と当事者、病気は家族と当事者で改善していきます。

家族会に参加している家族は、皆、同じ道を通ってきています。
様々な出来事を体験してきた皆さんが情報の宝庫なのです。
苦しみや辛さ、怒りや悲しみ、喜びが共にわかりあえます。
回復者からの体験談は大変有意義な情報であり自分達に余裕が持てるきっかけとなります。

体験者の話しの中で注意する点は、自分の子が今どのステージにいるのかを知ることです。
出てくる問題が同じでもステージによって対処対応が違います。
ステージと異なった対応対処をしていると、「お母さんは私を分かってくれない」が続き「話をしてもムダだ」ということから、話さなくなり親子の会話がなくなってきます。

少しづつゆっくりと日常生活を広げていきましょう。
日常生活とはとても細かい部分を言います。
朝、起きること、顔を洗うこと、食卓につく、朝御飯を食べる(自分が食べられるものでいい)、散歩にいく等、
小さな生活リズムの広がりからです。ほんの些細な事の積み重ねであることに注目をして下さい。
毎日の小さな変化の広がりを評価してあげてください。

親にとっては当たり前の事でも、当事者にとってはとても大変なことに挑戦しているということを意識してください。
同時に病状の改善に向かって不安と恐怖に闘っています。

対人関係、親子関係、治療関係、食行動等、個々によって出してくる問題はそれぞれ違いますが、その中で親が手伝えるもの、当事者が解決していくものをステージに合わせて判断して、当事者と話をしながら関わって行きます。

当事者が自分自身の情報をいちばん持っています。
会話をすることでいろいろなことを発信してくれます。

親が当事者の想像の不安に付き合い、寄り添う力がついていますか?
話しを聞いて当事者の気持ちを引き出す力がついていますか?
当事者の混乱している不安の整理をさせる力がついていますか?

親が一人で抱えないで孤立しないような環境を作りましょう。
旦那さんがお母さんに寄り添ってくれることがとても大事なことですが、なかなか難しいのが現状ですね。

家族会は孤立しない環境の1つです。
繋がっておおいに利用してくれると何かが変わりますよ。
 

(無題)

 投稿者:ひらこ  投稿日:2017年11月 2日(木)11時34分25秒
  不安で心配ですよね。
上手く言えませんが、娘さんをどうにかすることは親には出来ないんです。親に出来るのは寄り添うこと。
どう寄り添うのかそれも家庭ごとに違います。
一人では考え付かない事も多いです。
家族会で一緒に考えませんか?
勇気をもって一歩踏み出して欲しいです。まずは一回だけ参加してみませんか?
 

メールありがとうございます

 投稿者:みんみん  投稿日:2017年11月 1日(水)17時47分49秒
  はい、拒食です。
半年で 18キロ痩せました。
体重計依存で 毎日何度も体重計に乗っている状態です。
マッサージも機械を使って 痣ができるほどやっています。
やめさせたいのですが、私が勝手に取り上げない方がいいのでしょうか?
私の行動によって 酷くなるのではないかと 不安しかない状態です。
自分の行動に自信がもてなくなりそうです。
 

(無題)

 投稿者:ひらこ  投稿日:2017年11月 1日(水)15時16分36秒
  みんみんさん。お嬢様は拒食ですか?
摂食障害は状況によって対応方法が違います。
命の危険が無いならば、お母様はなるべくゆったり構えて細かい事を気にしない方がいいとは思います。
家族会では母親の気持ちの持ちようというか受け入れ方というかそういった事を学べます。
お母様の対応次第でこじらせる前に改善する可能性もありますから、家族会に参加される事お勧めします。
 

初めまして

 投稿者:みんみん  投稿日:2017年11月 1日(水)11時28分55秒
  初めまして。
先週 高校2年生の娘が摂食障害と診断されました。
先生の前では
「ちょっと減らしすぎたので、ちゃんと食べますー」
という明るい対応を娘はしていたので
病院では たいしたことがない的な感じで
「これからどうしますか?
通院を希望されますか?」
という対応だったのですが、その後から更に食事を減らしていき、毎日バトルです。
昨日は腹が立ってしまい、家の体重計を隠したのですが、今朝それに気づいた娘が 体重計がないとご飯を食べない!と言い出し、学校にも登校しない状態になってしまいました。

ここですぐに出してはいけないと思い、絶対に出しませんと突っぱねたら しばらくして登校しましたが、完全に遅刻したようです。
体重計に依存しているなとは思ったのですが、まさかここまでとは思いませんでした。
私の行動は 逆効果だったのでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:ひらこ  投稿日:2017年10月29日(日)09時05分7秒
  私も親子間で顔色をうかがいながら、お互いにどうして良いかわからず、お互いに怖がっていた時期がありました。
藁をも掴む思いで、家族会に足を運びました。
同じ思いから改善された先輩がたくさんいらっしゃいました。
私は家族会に救われましたよ。

アドバイスではなく、さまざまな経験談から自分で気付いたり見つけたりするのが大切です。
文章で読むのと実際に会って話をするのは全く違います。日本語は難しく全く逆に伝わることもありますから。

どうか孤立しないで、誰かとどこかと繋がってくれたらいいなと思います。
 

(無題)

 投稿者:ひらこ  投稿日:2017年10月28日(土)09時24分29秒
  愚痴は大歓迎!娘さんの過食は愚痴と同じ、ストレス解消の手段です。
ご主人の理解はとりあえず後回し。自分にも出来ることがあると救われます。
親に出来る事なんて些細な事しかありません。ハグしたり、手を握ったり、話を聞いたりするだけです。
でも、考え方を少し変えるだけで楽になれます。
家族会ではお互い励まし合いながら、いろんなヒントを貰えます。
お母さんが楽になれると娘さんも少しずつ緩んできますよ。
焦らずゆっくり一緒に頑張りましょう!
 

(無題)

 投稿者:ひらこ  投稿日:2017年10月27日(金)22時13分33秒
  過食症ならば命の危険はとりあえずはないのでしょうか?
もし娘さんの為に何かしたいと思っていらっしゃるなら、一度家族会に参加されませんか?
ご自分を責めて原因探しをしてもあまり意味は無いと私は思います。これから親として何をすべきか、何が必要かそれを模索しませんか?
娘さんを支えるにはまずお母さんが元気でないと支えられません。
一年前に戻ったらまた一年後に再発します。一年前とはちょっと違う笑顔になれるように一緒に頑張りませんか?
 

/83