teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:16/241 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:kaz  投稿日:2017年 3月11日(土)03時17分8秒
  通報
  はじめまして、いつも楽しく拝見しております。
chaos様に乗っかって、こちらも比較的最近に作曲された吹奏楽関係の交響曲情報をいくつか。

Luis Serrano Alarcón(1972年-)
SYMPHONY FOR WIND ORCHESTRA
http://alarconmusic.com/project/symphony/
4楽章構成で30分ほどの作品。厚いオーケストレーションでガンガン進む快速部と、幻想的な響きの緩徐部とのコントラストが印象的な作品です。

David Dzubay (1964年-)
Symphony No. 2 - Through a Glass, Darkly
http://pronovamusic.com/notes/symphony2.html
3楽章構成で25分ほどの作品。どちらかと言うと現代音楽の範疇に入る曲調。
なお、交響曲1番はオーケストラ作品で、CDレコーディングもされているようです。

Andrew Boysen, Jr.
Symphony No. 6
http://www.andrewboysenjr.com/about1-c1z4h
交響曲は7曲書いていて、全て吹奏楽編成のようです。長さはマチマチですが、一番長いと思われる6番でも30分を少し超える程度。技巧的で現代的な手法も用いてはいますが、全体的に聴きやすい作品が多い印象です。

Thomas Trachsel(1972年-)
Symphony No III. ''The Apocalyps''
https://www.youtube.com/watch?v=aOvgxQGVp84&t=294s
5楽章で60分超え、楽器編成にチェロを伴う大規模な作品。この他にも吹奏楽のために交響曲を書いているようで、現在5番まである模様です。

Franco Cesarini(1961年-)
Symphony #1 "The Archangels"
https://www.youtube.com/watch?v=_dL03bMtIgo
chaos様も触れられていた、チェザリーニによる4楽章構成で30分強の交響曲。各楽章にアークエンジェルの名前が付けられており、曲中には複数のグレゴリオ聖歌からの引用があるそうです。

まだ音源は出回っていないようですが、Timothy Mahr(1956年-)も昨年4楽章構成で30分ほどの交響曲を書いたようです。

国外の吹奏楽界隈ではこの他にも相当数の新作交響曲が生まれており、なかなか追いきれません。日本にもこの流れが来てくれればなあ・・・。
実際に吹奏楽の交響曲をノーカットでいくらか演奏した経験がありますが、短い曲を演奏した時とはまた違う楽しさがあるものです。
大曲を演奏する団体がもっと増えて、日本人作曲家にも交響曲を書く機会が出来ていくと良いですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/241 《前のページ | 次のページ》
/241