teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:九鬼蛍  投稿日:2017年10月 1日(日)12時47分15秒
  こちらこそ有難う御座居ます。ステーンハンマルも準備の準備中といったところです。ラウタヴァーラは亡くなった時にチェックしましたが、曲数も多くてとりあえず保留中です。ずいぶん前に、他の方にご紹介頂いたW.シューマンもぜんぜん聴けてなくて、時間をかけて進めてゆきたいと思ってます。  
 

レビューありがとうございます

 投稿者:GOLD  投稿日:2017年 9月30日(土)21時16分1秒
  九鬼様。

アレンスキー及びモーランのレビューありがとうございます。
九鬼様の見解非常に面白かったです。
続いて紹介したいと思った交響曲あったのですが、
アメリカの欄に無かったので候補に無いと思ったのですが、
コルンゴルトはチェコ→アメリカで、候補にありましたね。
なので、もう1曲。

ラウタヴァーラ:交響曲第7番「光の天使」
https://www.youtube.com/watch?v=sS42kojU8VU
去年惜しくも亡くなったフィンランドの作曲家で、
難しい音楽多いのですが、7番は神秘的な感じで大好きです。
お暇な時に聴いて頂けますと幸いに存じます。
 

(無題)

 投稿者:ume  投稿日:2017年 8月27日(日)23時26分51秒
  聴いてくださり、ありがとうございます!
ふむぅ、なるほどです。お答えくださりありがとうございました。
たしか、ヴァイオリン協奏曲第2番の終盤の穏やかな旋律も裸足の歌からの引用でしたね。
そういう引用の観点からみてもペッテションの音楽は本当に興味深いなと思いました。

・・・本当に、このままペッテションがメジャーになることは無いような気も・・・。
どうすればメジャーになるんだろう・・。今の時代こそペッテションのような音楽を求めているはずなのに。
 

(無題)

 投稿者:九鬼蛍  投稿日:2017年 8月27日(日)21時33分45秒
  こんばんは!はいはい、なるほど、確かにこれは聴き覚えがありますね!しかし私もマーラーや伊福部ほどは聴き込んでないので、ちょっと分かんないです、すみません……。ペッテションのドキュメントは、前にチラッと見たことはありますが、全部は見ませんでした。ペッテションは、せめて7番くらいはもうちょっとメジャーになると思ってましたが、ぜんぜんその気配はありませんねえ。  

お久しぶりです

 投稿者:ume  投稿日:2017年 8月27日(日)20時02分26秒
  ペッテションの交響曲第13番について、また一つ発見?がありました。
交響曲第6番では自作の「裸足の歌」の終曲を印象的に引用しているペッテションですが、
13番でももしかしたら自作から引用?しているかもしれない個所を見つけました。

https://soundcloud.com/user-186316315-128501774/13-2
その個所の音楽を通常通り演奏した次に、引用されたと思われる歌を強調して演奏させました。

よければお聴きください。そして何の曲かもしわかったら教えていただきたい・・!
自分だけでは、まだまだ全然ペッテション音楽を聴けておらず、わかりませんでした。



それと余談ですが、ニコニコ動画にペッテションのドキュメンタリー?がアップされていました。
たぶんどこかのサイトから転載された物なんでしょうが、貴重な映像が見られましたね。




 

(無題)

 投稿者:九鬼蛍  投稿日:2017年 8月17日(木)23時59分43秒
  GOLD様、投稿有難うございます! ステンハンマルは、実はちょっと気になってましたw しかし北欧はきりがないので、手を引いてました。モーランは知らない人です。アレンスキーも、ピアノ三重奏以外は知りませんでした。いま時間がなかなかとれませんで、いつになるか確約できませんがチェックしたいと思います。とりあえず、岸田、菅野、池辺(10番)を先に更新しますので、そのあとになります。すみません。  

1.5軍の交響曲

 投稿者:GOLD  投稿日:2017年 8月17日(木)21時23分15秒
  九鬼様。始めまして。
九鬼様のレビューを閲覧し、知らなかった交響曲を収集している者です。
※特に日本人作曲家

九鬼様のレビューにて、ピックアップされていない作曲家を書き込みしたいと思います。

ステンハンマル:交響曲第2番
https://www.youtube.com/watch?v=ezzbi7iq550
スウェーデンの作曲家で、独自の旋律が好みです。

モーラン:交響曲
https://www.youtube.com/watch?v=S5ila2gw4PU
イギリスの作曲家です。

アレンスキー:交響曲第1番
https://www.youtube.com/watch?v=dxJBCCh95D8
ピアノ三重奏曲第1番で有名なロシアの作曲家です。

印象に残るけど、何か一つ足りなくてメジャーにならない印象の曲です。
ご存じない曲ございましたら、聴いて頂けますと幸いに存じます。
個人的に、ステンハンマルはお気に入りです。
 

偶然にも

 投稿者:九鬼蛍  投稿日:2017年 5月21日(日)22時19分44秒
  こんばんは。偶然にも、いま、コミタスを聴いてました。(ようやくですが)
特に3番はアルメニアンで笑ってしまいました。コミタス司祭のことを考えると、笑っている場合ではないですが。そのうち、コミタスはアップしたいと思います。

ところで、保科の2番の情報有難う御座居ます。後で聴きます。
くるりの岸田繁の交響曲のことは、仲間うちで話題になってました。これもCD化されるんですね。菅野祐悟といい、ちょっと流行りみたいのがあるんでしょうか。特に、普通の現代作曲家は「交響曲」なんて書きませんからね。サントラ書きや異ジャンルの人が書くのでしょう。不思議です。菅野と岸田もそのうちチェックしなくてはなりません。
長生淳は、気長に待ちましょう。
 

邦人交響曲情報

 投稿者:chaos  投稿日:2017年 5月21日(日)18時54分12秒
  こんにちは。遅ればせながらマッキーの記事、大いに同感です。曲のモチーフや作曲の背景など調べるのも、演奏を作る大事かつ面白い要素なのに、学校吹奏楽の現場で学生がそこに取り組む機会が少ないのはどうなんだ?と感じます。指導者(主に教員)の負担が大きいと昨今報道されていますが、楽曲調査には身体的、時間的な負担を減らし密度の濃い課外活動をおこなうヒントがあるんじゃないか、とも感じますね。

以下交響曲情報です。
保科洋氏の交響曲第2番の音源がアップされていました。
https://www.youtube.com/watch?v=ypkrLWa0ROc
演奏はプロ楽団(知らない楽団でしたが。。)で作曲者による指揮を予定していたそうですが、体調不良により急きょ指揮者が変わったようです。やや長いですが、保科節を好む人は好きになるだろうな、という曲でした。

長生淳氏も交響曲第2番を作曲したそうで、今夏、初演予定だそうです(こちらはアマチュア楽団ですが)。
https://www.musse.org/concert/regular_20.html
初演団体が音源を作らない限りは、音源化はしばらく先になりそうですね。

あと、管弦楽ですが「くるり」のボーカリスト兼ギタリストの岸田繁氏による交響曲第1番の初演音源がCD化されるそうです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y24Q4NV
オーケストレーションなど補作は受けているそうですが、管弦楽としては珍しいジャンルからの作曲者なので面白いのかもしれません。

 

わぁい

 投稿者:ume  投稿日:2017年 4月23日(日)20時48分45秒
  聴いてくださり、ありがとうございます。

打ち込みに際して特に編曲等はしていなくて、ペッテションが書いた全ての音をそのまま打ち込んでいます。
そのため、仕様上18つ以上の音が同時に鳴る箇所では鳴っていない楽器がある、という事ですね。

打ち込みは大変でしたが、何よりこんな恐ろしくそして素晴らしい作品を生み出したペッテションに
畏敬の念を抱かずにはいられなかったです。
最後の和音に関して、本当にその通りですよね。
個人的に、ベルクがヴァイオリン協奏曲の最後の和音に大地の歌の最後の和音を引用したように、
ペッテションがマーラーの9番の最後の和音に何か特別なものを見出したのかなと妄想して楽しんでます。

こちらこそ、貴重なお時間を割いて聴いてくださりホントにありがとうございましたー!
 

レンタル掲示板
/25