投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ツルの第一陣飛来

 投稿者:鶴田  投稿日:2014年10月24日(金)10時19分51秒
  鹿児島県の出水平野で越冬するツルの第一陣が23日飛来し
夕方までに1056羽が確認されました。
昨シーズンより7日遅く、観測史上2番目の遅さです。
10月に台風が相次いだことや、日中の高温が影響したのでしょうか。

ツルは20数年生きるといわれますが
夫婦仲が良く、何時も家族単位で移動します。
この時期、大陸の大地で生まれた子供を1羽か2羽連れています。

観察センターは11月オープンですので、見る場合はその後が良いでしょう。
ツルは早朝、ねぐらから飛び立ちますが、その後、餌を撒くので
戻ってくる8時前後が見頃です。
来年春までいますので、ツルの優雅な姿を見たいものです。
 

秋の渡りも末期となりました

 投稿者:Mr.Walk  投稿日:2014年10月24日(金)07時45分32秒
  鳥達の秋の渡りも末期となりました。昨日(10/23)、秋バラの観賞を兼ね若松区グリーンパークへ行きました。そこで「エゾビタキ(旅鳥)」「ジョウビタキ(冬鳥)」「オシドリ(漂鳥)」と出会いました。旅鳥、冬鳥、漂鳥が混在しており、まさに秋の渡りも末期状況にあると言えます。

 旅鳥:サハリン、カムチャツカ等の繁殖地から南方のセレベス等で超冬のため渡る途中立ち寄る
    もの(エゾビタキ、シギ類が多いです)、春、秋2度見れます。

 冬鳥:秋になるとシベリア、カムチャツカ等北方の繁殖地から超冬のため日本に来るもの。
    (ジョウビタキ、ツグミ、ルリビタキ、シメ・・・等多いです。冬季は探鳥天国となります
     。)

 漂鳥:北日本で繁殖し、西南日本で超冬するもの。(オシドリ)

なお、秋バラの出来も良く、後日掲載します。
 

長崎国体

 投稿者:鶴田  投稿日:2014年10月23日(木)06時23分42秒
  長崎国体、無事終了してよかったですね。
それにしても諫早の県立陸上競技場、
スタンドが新設され屋根が白で明るい感じで素敵でした。
今後は諫早をホームタウンとするV・ファーレン長崎が使うのでしょう。
J2に昇格するとこのようなスタンドが必要だと聞きました。
V・ファーレン長崎、J1めざしてガンバレ。
 

山野草三態

 投稿者:山口  投稿日:2014年10月22日(水)20時52分40秒
   山野草の美しい姿に魅せられました。
うめばち草。可憐で良いですね~
 

アサギマダラ

 投稿者:Mr.Walk  投稿日:2014年10月22日(水)11時16分48秒
   アサギマダラは未だ今でも、私の自然観察フィールドでウロウロしています。つい先日(10/19)筑前大島の御嶽へ探鳥に行った時も居ました。冬が近いのに今年は何故か未だいます。特にヒヨドリバナ、ウド等の白い花が好きなので気を付けていると見れるかもしれません。
 お答えですが、約2000kmの旅をすると言われています。
 

アサギマダラ

 投稿者:鶴田  投稿日:2014年10月22日(水)06時30分11秒
  奄美大島の小学生が21日、チョウのアサギマダラが何処から移動してきたかを調べる
マーキング調査をしたところ、9月17日、石川県の宝達小学校で印をつけたチョウを捕獲しました。
その移動距離は1150キロ。
奄美大島では、10月から11月にかけその姿が観られることから
龍郷町の龍郷小学校では毎年マーキング調査をしています。
この日は47匹を捕獲、マーキングして放したと昨日のニュースは伝えていました。
海の上を飛んだことに驚きました。
Mr.Walkさん、このチョウ何処まで旅するのでしょうか。
 

本年最後の山野草観察

 投稿者:Mr.Walk  投稿日:2014年10月17日(金)18時08分53秒
編集済
  昨日(10/16)、小倉南区の平尾台へ本年最後の山野草観察へ行きました。目標とした、「センブリ」「ムラサキセンブリ」「ウメバチソウ」「リンドウ」等の美しい姿を見て大いに満足しました。併せて、「ヤクシソウ」「ヒメヒゴタイ」「アケボノソウ」「ツリフネソウ」を見る事も出来、アウトドアの醍醐味を満喫させてもらった一日でした。3枚の写真を掲載します。


ムラサキセンブリ 【紫千振】 :リンドウ科センブリ属,10~11月、 日当たりの良い粘土質の土壌に 生える多年草。草丈20~60cm。 茎は紫色を帯び、上部で分枝する。葉は対生。葉身は線形 から線状披針形。

リンドウ:は野山に自生するリンドウ科の耐寒性の多年草で、葉が笹(ササ)に似ているのでササリンドウとも呼ばれています。日本、シベリア、中国、朝鮮半島に分布し、種類は約400種類もあり、日本には約18種自生(じせい)しています。

ウメバチソウ:ユキノシタ科の多年草で,山地や高原の日当りのよい湿地に生える。根茎は短く,長い葉柄をもつ根出葉を密につける。葉は径1~3cmのハート形。8~10月頃,根茎から数本の花茎を出し,先端に1個ずつ白い花をつける。
 

この秋一番の冷え込み

 投稿者:鶴田  投稿日:2014年10月17日(金)06時00分19秒
  最近、朝夕寒い日が続きます。
昨日、暖かくなった昼前、近くの公園を散歩していると、カラスがハトを襲っていました。
近づいてみると首から血を流しています。
死んだと思い触ってみると、片目を薄っすら開け
さびしそうに見つめるではありませんか。
近くの木の枝に止まっていたカラスを追っ払い
戻ってみると、ハトはひっくり返り昇天していました。

この日のあさ、弟を病気で亡くし、そのショックで仏像彫りを始めたという
京都の仏師のテレビ番組を観たあとだけに、
公園の管理人に始末をお願いし、帰宅しました。
カラスはハトを襲うのですね。心の中まで冷え込んだ一日でした。
 

自転車でぶらり

 投稿者:佑ちゃん  投稿日:2014年10月16日(木)23時13分1秒
  清々しい絶好の秋晴れのなか,ままチャリで田主丸を目指した。約1時間30分位で石兆亭に到着昼食をすませ白壁の吉井町から原鶴温泉へ。結構汗かいたので六峰館でひと風呂浴びることにした。露天風呂しか空いてないとのことで行ってみると誰一人いてないもうゆっくりと湯船につかり御機嫌さんで退出ラウンジでコーヒーを味わう。一服した後帰路へ筑後川沿いのサイクリングロード風がきつく一般市道で甘木目指す。約五時間ぐらい自転車運転したのかな?ほんまに気持ちいい散策でした。





 

台風顚末記

 投稿者:鶴田  投稿日:2014年10月15日(水)11時29分55秒
  枕崎付近に上陸した台風19号、一時中心気圧が900hPaまで下がり
最強クラスとされましたが、上陸時には形が崩れ970hPaまで落ちていました。
台風の右側は強い雨が降りましが、左側は風も雨も殆ど無く通過後は晴れ間が出ていました。
我が団地は台風の左側、それなのに避難準備情報が出て驚きました。
各地の自治体が出した避難勧告は静岡県が77万人、宮崎県が34万人など
全国で175万5千人に出されたと今朝の新聞は伝えています。
大阪ではJRが止まったのですね。
台風に対する備えは大切です。
オオカミ少年に陥らなければ良いのですが。
 

/291