teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


榊原さんのマニを移転します

 投稿者:Takaメール  投稿日:2009年11月21日(土)15時46分32秒
  2003年ヒマラヤで亡くなった榊原さんのマニ(慰霊碑)がネパールの聖地ムクチナートにあります。ダウラギリの見える小高い丘の上です。
この場所は、榊原さん自身が、ダウラギリで亡くなった親友の俵谷さんのためにマニを作った場所です。榊原さんはこの俵谷さんとチョーオユー、ムスターグアタ、デナリ(マッキンレー)やヨーロッパアルプスの岩壁など世界中の山に足跡を残しています。
そして、1994年、榊原さんと俵谷さんが一緒に遠征したダウラギリで、俵谷さんが登頂後帰らぬ人となり、別隊で同日登頂した林がその捜索にあたったことから、林やカランクルンの皆さんと榊原さんが知り合う縁ができたのです。
その俵谷さんのマニの隣に、2004年林が「それぞれ一人じゃ寂しかろう」と現地の人を雇って榊原さんのマニを建てました。底辺1m四方、高さ2m位の石積みです。二つのマニが仲良く並んで、ダウラギリを眺めています。
今年の4月にこのマニに行ってきました。
昨年秋にここを訪れていた新井さんから聞いていたのですが、碑銘板が無くなっていたので、新しいものを作って持っていき設置してきました。
「山を愛し、皆から愛された榊原義夫、カランクルンになって再び舞い上がれ!」をネパール語で石版に彫ってもらったものです。
そのときに、村の有力者に会って話をしました。
その有力者の話によると、石版が無くなったのは、子供のいたずらだろう。
村人に悪意は無い。近くまで建物が建築中なので、もう少し山際に移転させ、セメントで固めたしっかりしたものにし、碑銘板もボルトで固定すれば、永年維持できるだろう、とのことでした。
現場に行ってみると確かに、聖地巡礼者のための宿が建設中でした。
今まで、ムクチナートまではポカラから徒歩で1週間程度、飛行機でジョムソンまで飛んでも、丸一日かかっていたのですが、今ではジープが走っていて、ポカラからでも1~2日で行けるようになっています。それだけに多くの巡礼者が来ることを見込んで建設しているのでしょう。
今年は榊原さんの7回忌にあたります。これを機に、榊原さんと俵谷さんのマニを山寄りの静かな場所に移転したいと思います。移転といっても、現在のマニは石積みですから、新しい場所に、新たに石積みのマニを作ることになります。
村の有力者が言うようなセメントで固めた頑丈なものは、ヒマラヤの自然の中では違和感がありますので、その必要はないと思います。たとえ数年後、または10数年後に崩れてしまい、それを補修する人が無くてもそれは自然の流れでやむをえないと思います。
10月7日の命日に合わせて行く予定でしたが、諸般の事情で延び延びになっていましたが、このたび12/15~12/26で行くことにしました。現地で、マニを移転させ、開眼と七回忌の法要を行います。
榊原さんと縁の無かった方でも、トレッキングとして楽しめる所です。この時期は、少し寒いかもしれませんが、雪は少なく、空気が澄んでヒマラヤが美しい時期です。新しく、温かい、快適なロッジもできています。ご一緒に行けれる方はご連絡下さい。
 
 

思い出

 投稿者:老いぼれ  投稿日:2009年 9月30日(水)11時11分48秒
  この榊原さんのページのアルバム、誕生から渡仏時代の最後にあるロングコートを来ている写真は私が写しました。ここはグリンデルワルトの、あるリフトの乗り換え地点です。
このコートはリフトの寒さよけで、乗り場で貸してくれたものです。
今年7月に同じ所へ行ってきました。今はりっぱなゴンドラになっています。
ああ、この角度から撮ったんだなど、若かりし君と私を思い出しました。
10月7日がまた来ます。7回忌です。
冥福を祈ってやみません。
 

オジサンへ

 投稿者:コジロー  投稿日:2009年 4月10日(金)19時37分30秒
  昨日、ムクチナートのオジサンのところへ、彼が訪ねて行ったでしょ。新しいプレートを持って。この後、厳しい登山がはじまります。守って下さいね。  

懐かしのおじさんへ

 投稿者:山姥  投稿日:2009年 1月30日(金)12時01分39秒
  「2003年に榊原さんと一緒に行ったエベレスト街道のトレッキング」のビデオを見せてもらいました。懐かしのオジサン榊原は私の中で永遠に生きています。
榊原さ~ん私はそれなりに楽しく過ごしているよ。いつの日か会いに行くからねぇ。
 

>榊原さんの思い出

 投稿者:コジロー  投稿日:2009年 1月26日(月)00時06分33秒
  ビデオみせていただきました。このビデオを榊原さんに見せてもらった日々がよみがえります。今もエベレスト街道をウロウロしながらバッティのディディ(娘さん)に冗談言ったりしているんでしょうね。  

榊原さんの思い出

 投稿者:  投稿日:2009年 1月12日(月)23時03分33秒
    2003年に榊原さんと一緒に行ったエベレスト街道のトレッキングのビデオを纏めてみました。榊原さんが写っている場面を集めました。YouTubeのここです。

http://jp.youtube.com/watch?v=VJVKtXUV9qY

 

(無題)

 投稿者:マチルダ  投稿日:2008年11月12日(水)05時40分27秒
  アイタイ。アイタイ。アイタイ。アイシテイマス。愛しています。ただ、ただ、愛しています。それだけは、忘れないでいてね。  

5年が過ぎました。

 投稿者:老いぼれ  投稿日:2008年10月 7日(火)16時20分15秒
  義譽光岳信士。忘れがたき。  

(無題)

 投稿者:ミヤモ  投稿日:2008年 8月25日(月)16時11分48秒
  7月1日に無事生まれたよ。いつも見守っていてくれてありがとう。  

閻魔大王登ったよ

 投稿者:ミヤモ  投稿日:2008年 2月23日(土)00時27分43秒
  榊原さん
あれからフリークライミングと大峰通いしかできなかった僕だけど
やっと大峰の地獄谷右又 閻魔大王氷柱から天使の翼右翼を初登することができました。
関西のベテランの多くが初登を狙う大峰アイスのハイライトです。
凄い大きなチリ雪崩に会うわ氷の質は悪いわでこんな本ちゃんは4年ぶりかもよ。
誰とこの氷瀑を発見したと思います。
なななんと榊原さんのナンガのメンバーの小野岳さんですよ!
びっくりでしょ。
しかし思えば思うほど出来過ぎたストーリーで我ながら感心してしまします。世の中なんだかドラマのように不思議な偶然?が多すぎてびっくりです。でも偶然じゃないんですね。それもこれも榊原さんのいたずらなんですよね。
関西では最大の氷瀑らしくて遂にロクスノ巻頭カラーページに掲載決定なんですって。3月号に僕の写真が出るそうです。大峰の地獄谷アイスこれでも登ってええかげんに元気出せよ!ってことなんですね。
しばらくヒマラヤなど行けそうに無いけど、美味しいクロニクルでした!本当にありがとう。
この夏にはまた報告したいことがあります。  じゃまた。
 

レンタル掲示板
/7