teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re:巨大な鼻を持った深海ザメ発見される

 投稿者:管理人です  投稿日:2017年 8月 2日(水)13時05分33秒
  カラスザメの仲間はときどき新発見がされるようですね。
今回の新種も発見自体はかなり前のようですが、それにしても
頭部の形が独特です。生きてるときも鼻先が尖っているんでしょうか。
 
 

巨大な鼻を持った深海ザメ 発見される

 投稿者:深海壱萬米  投稿日:2017年 7月29日(土)18時08分3秒
  巨大な鼻を持ったサメが、ハワイ沖の深海300㍍から発見されました。
恐ろしげな顔にもかかわらず、体長30㌢・体重900㌘しかない小型のサメです。

英文
https://phys.org/news/2017-07-shark-species-dark-pounds-huge.html
動画
https://www.youtube.com/watch?v=jieHD67w294
 

はじめまして

 投稿者:CHOJI  投稿日:2017年 4月21日(金)21時10分54秒
  すばらしいイラストですね.
私も魚が好きで,よく絵を描いたりしているのですが,
特徴的な形質が良く分かる角度で,なおかつ生態に関する考察を加えられた
作品の数々に感銘を受けました.

http://blog.livedoor.jp/fourcolorsfish/

 

Re:幻の魚

 投稿者:管理人です  投稿日:2017年 4月16日(日)20時59分16秒
  深海魚の中でまずみんなが知っているチョウチンアンコウ…
その種類の多さと奥の深さには改めて再認識させられますね。

いま調べなおして、イラストも一部描き足しています。八十種類以上貯まりましたが
矮雄が寄生するかしないか、イリシウムとバーベルの形、などなど実に多様です。
いずれHPにもアップを予定しています。

珍しいからなおさら興味をかきたてられますね。
 

幻の魚

 投稿者:アングラー  投稿日:2017年 4月14日(金)23時46分1秒
  先日、研究室の調査航海でチョウチンアンコウが捕れました。滅多に捕れないらしく、研究室でちょっとした話題になってました。深海魚といえばチョウチンアンコウがよく思い浮かびますが、実際はかなり珍しいんですね。まさしく幻の魚なんですね。

そういえばロシアの漁師のツイッターが話題になっていますね。北極海で捕れた深海魚の写真が毎日アップされているようです。なかなか凄い魚がいっぱいでワクワクします。
 

Re:カンテンゲンゲを食べました

 投稿者:管理人です  投稿日:2017年 3月12日(日)07時51分20秒
  ゲンゲって敬遠されがちですが意外とイケるんですよね。
提供しているお店が少ないのでなかなか機会がありませんけどね。

数日前、ネット検索していたらアフリカの小国の切手デザインに
当HPの絵が使われていました。ギニアビサウというなじみのない国
のようで、どこかで見たなと思ったら過去に描いたイラストでした。

まぁ別に抗議するつもりもないので…(逆に光栄なことなのかな?)
現物を見てみたい気もします。
 

カンテンゲンゲを食べました

 投稿者:ブロンズホーク  投稿日:2017年 3月 8日(水)09時03分32秒
  魚屋に売っていたカンテンゲンゲを買って、味噌汁と唐揚げにして食べました。

味噌汁よりは唐揚げの方が美味だったということで、今度はそれにしようと思いました。
 

ご無沙汰してます

 投稿者:管理人です  投稿日:2016年 5月15日(日)09時44分26秒
  ずいぶん、ご無沙汰しています。
このところ多忙つづきで更新が滞っています。
すみません。再開するまで今しばらくお待ちのほどを…

TVなどではイットキの深海ブームはさすがに落ち着きましたが
自分の中ではまだまだ興味は尽きません。まだまだ不思議だらけですね。

淡水で二百M以深のいきものってそんなに種類は多くないような気がします(実は多いかも?)。
いつか特集組んでみたいですね。
 

深海ならぬ深河(しんかわ)

 投稿者:ブロンズホーク  投稿日:2016年 5月 9日(月)21時05分33秒
  今日のワイルドライフではコンゴ川周囲の自然や動物たちの紹介をしていましたが、コンゴ川の深いところは200mもあると聞いて、「深海並みの深さの河か!」と驚いたのですが、そんな深い河の底に住む生き物は・・・と好奇心に駆られたら、色素と目が退化した真っ白なウナギが生息しているとの事でした。

ウナギの姿形はしていましたが、ニホンウナギのように海で産卵するのか?やっぱり深海が故郷なのか?川も深い場所で無いと納得しないのか?と興味が尽きませんでした。バイカル湖やタンガニーカ湖のような深い湖に住む生き物だけでなく、深い河に住む生き物もやっぱり深海っぽくなるのかと思えました。
 

Re:誤植?

 投稿者:管理人です  投稿日:2015年10月 3日(土)09時09分43秒
  にょろろんさま
いつも見ていただきありがとうございます。
ご指摘の件、確認したいと思います。
日本産の魚については東海大学出版会の「日本産魚類検索 全種の同定 第三版」が
ベースになっています。

毎年のように新種が発見されている深海のいきものたち、
できるだけ新作をアップしていきますのでこれからものぞいてみてください。
 

レンタル掲示板
/81